戻る

学会誌JSPEN Vol.3 No.2


原著

遠隔転移を有する高度進行胆嚢がんに対する化学療法継続に及ぼす栄養評価の意義


著者名

臼井正信,栗山直久,早崎碧泉,加藤宏之,水野修吾,伊佐地秀司

所属

三重大学 肝胆膵・移植外科

キーワード

胆嚢がん,化学療法,栄養評価

詳細
要旨
【目的】遠隔転移を有する胆嚢がん症例に対し化学療法を行い,栄養指標としてprognostic nutritional index(以下,PNI と略)を用いて化学療法継続期間に対する評価を行った.【対象と方法】胆嚢がん症例76例中,化学療法を施行した遠隔転移を有する11例を対象とし,PNI と化学療法継続期間および予後との関係について検討した.【結果】PNI39未満の症例(8例)では,生存期間の中央値が5.3カ月に対し,PNI39以上の症例(3例)は7.8カ月と有意に生存期間の延長が認められた(p=0.027).また化学療法の継続期間では,PNI39未満の症例において3.6カ月であったのに対し,PNI 39以上の症例では13.0カ月と化学療法を継続することができた(p=0.036).【結論】遠隔転移を有する進行胆嚢がん患者の初診時におけるPNIが高値であることは,化学療法の長期継続を可能とし,結果として予後の延長につながる可能性が示唆された.

▶論文ダウンロード◀
※論文ダウンロードには、会員IDとパスワードが必要です。