戻る

学会誌JSPEN Vol.3 No.3


症例報告

カテーテル先端位置の変更と経腸栄養剤の影響軽減によりバルプロ酸ナトリウムの血中濃度が上昇した抗NMDA受容体脳炎後遺症の1例


著者名

山村亮太1),森永裕子1),柴田智隆2),伊東弘樹1)

所属

大分大学医学部附属病院 薬剤部1),大分大学医学部 消化器外科小児外科学講座2)

キーワード

VPA,経腸栄養剤,カテーテル先端の留置部位

詳細
要旨
37 歳男性.抗NMDA 受容体脳炎のため入院加療中のところ,痙攣様症状ならびに不穏症状があったため,バルプロ酸ナトリウム(以下,VPA と略)を十二指腸カテーテルより投与開始した.不穏症状が持続していたためVPA の最低血中濃度(以下,トラフ値と略)を測定したところ17.8 μg/mL と低値であり,TDM に基づき2,100 mg/ 日まで増量したが,VPA のトラフ値は治療域以下であった.そこで経腸栄養剤とVPA の投与タイミングを検討するとともに,栄養カテーテルの自己抜去にともない,先端の留置部位を胃内に変更したこともあり,VPA のトラフ値は61.2 μg/mL へ上昇した.VPA と経腸栄養剤の投与間隔を30 分あけることによりVPA の吸収に対する経腸栄養剤の影響を軽減したことに加え,栄養カテーテル先端位置が胃内となり,胃や十二指腸から吸収されるようになったことで,血中濃度が上昇したと考えられた症例であった.

▶論文ダウンロード◀
※論文ダウンロードには、会員IDとパスワードが必要です。