戻る

学会誌JSPEN Vol.1 No.3


症例報告

幼児のoral aversion(経口摂取嫌悪)に対する急速経管栄養減量プログラムによる経管栄養離脱の試み


著者名

佐藤由美1),照井慶太2),中田光政2),宮森祐子3),嶋 光葉1),野本尚子1),古川勝規 1)4)

所属

千葉大学医学部附属病院 臨床栄養部1),同 小児外科2),同 看護部3),同 肝胆膵外科4)

キーワード

Oral aversion,経管栄養減量プログラム,摂食支援

詳細
要旨
要旨:【目的】経管栄養が長期化している児では,経口摂取が可能であるにも関わらず嫌悪する場合がある(oral aversion).計画的な経管栄養減量プログラムの経験を得たので報告する.【方法】外来で摂食・嚥下機能,栄養状態,食環境を評価し,入院1〜5 日目に経管栄養を10%ずつ50%まで減量(空腹誘導期),入院6 日目に経管栄養を中止(集中的減量期)し,経口摂取を促した.【結果】症例1:先天性横隔膜ヘルニア術後2 歳,経鼻胃管管理.空腹誘導期に経口摂取は進まず,集中的減量期に無症候性低血糖が出現.プログラムを中止したが外来にて経口摂取が増加し,プログラム開始27 日目に経管栄養を離脱した.症例2:先天性横隔膜ヘルニア術後3 歳,胃瘻管理.空腹誘導期に経口摂取が増加し,入院6 日目に経管栄養を離脱した.【結語】本プログラムは経口摂取の増加・経管栄養離脱の契機として有用である可能性が示唆された.

▶論文ダウンロード◀
※論文ダウンロードには、会員IDとパスワードが必要です。